素敵なお部屋づくりにはインテリアは重要不可欠

基本的なインテリア術を身につける

お部屋にインテリアを配置したあと、毎日じっくり眺めることが大切です。

お部屋に最適な自分好みのインテリア術を習得していく

インテリアに向きあうことで見えてくるものがあります。

例えば空間そのものの配色です。

自分の希望していた部屋作りだったのでしょうか?

何が不足しているか見えてくるのです。

部屋によってインテリアが違います

例えばベッドルームとリビングルームです。

配置するインテリアは用途が違います。

それぞれのお部屋にマッチしたインテリアを選びましょう。

ベッドルームでは照明は暗めですが、それはリビングルームでは合わないですね。

見た目だけではわからない個人の生活スタイルがあります。

部屋の使い方なども考えてインテリアデザインを考えてみましょう。

デザイナーズ名作チェア

そんなコレクターも少なくありません。

たとえば巨匠イームズとかイサム・ノグチなど日本を代表する匠がつくった名作チェアです。

お客様から喜ばれるインテリアデザインの空間づくり

これらは何百年経過しても世界中で愛されているのですが、どこにその魅力があるのでしょうか?

インテリアにこだわりを持てば持つほど深い世界になります。

基本は自分がどういった部屋作りをしたいかです。

それによってどんなインテリアが必要かが見えてきます。