インテリアの配色によってイメージが変わる

インテリアの配色の基本

インテリアの色の特徴は「別な色と隣接していること」です。
天井・壁・床――さまざまなファクターで構成されています。
単色ではなくて別な色と一緒になっているので、多くのカラーリングを考えているならばトーンを揃えることです。

例えば青系統に揃えたい場合。
同じ青を意識して使うと統一感ができて落ち着いた感じになります。
これ以外にも類似色・相配色によるカラーコーディネイトもお薦めですがセンスが必要です。
メリハリをつけたインテリアデザインにするならばトーンに変化を付けると派手だちます。

「配色」

色白の組み合わせのこと。
基本パターンは4種類です。
同じ色目の濃淡でデザインすることもあります。
色相環で隣接する程度の似た傾向の色白でまとめるのがインテリアの場合は無難です。
反対色もありますが、使い方に注意しないと落ち着かない部屋になってしまいます。

色の効果

「色による温度の感覚」

暖色でまとめると温もり感があります。
リラックスできます。
濃い色が多いと暑苦しく感じます。
また寒色が多いと寒く感じます。

「部屋の広さ」

カラーリングによっては狭く見えたり広く見えたりします。
こどもがいる場所は明るい色を使うといいでしょう。
ベッドルームは寛ぎ感のある配色をこころがけましょう。

色の心理作用

寒色と暖色では体感温度が3度違うと言われます。
暖色はオレンジや赤系。
寒色はブルー系です。