リラックスして心地よく眠ることができる

爽やかな朝を迎える寝室

朝日のまぶしさが気にならないならば窓が多い方が爽やかな朝を迎えることができるでしょう。
リラックス効果を得るにはベッドから好きなものが視界に入るようなインテリアデザインにすることです。
安眠できる部屋の色は柔らかい色調の同系色がベター。

書斎スペースや化粧スペースは照明や配置に気を配りましょう。
特に書斎スペースとして考えるならば間仕切りが欲しいところです。
可能ならばサニタリーとの一体化が理想です。

プライベート空間ですから、睡眠以外のひとときをリラックスして過ごせるようにしたいです。
大好きなインテリアにしていいのです。
ゲストが入ってこないスペースですが手抜きにならないようにしましょう。

安らぎと落ち着きあるサニタリー

お洒落度や快適性は配置する機器によって演出できるのがサニタリーです。
サニタリーは小物が多いです。
収納スペースを確保して隠せるようにしましょう。
機能性や衛生面だけでなく居室性も高めたいのがサニタリーです。

トータル的な統一感を意識して欲しいです。
機器のセレクトでデザイン重視で機能は二の次のほうが素敵な部屋になります。
現代のトイレは安らぎと落ち着きを求めるニーズが強いです。
飾り棚をセンス良く作るといろいろと楽しめます。