子ども部屋や玄関・廊下はゲストが目にする場所

玄関・廊下のインテリア

玄関や廊下はこまごましたものが外にでてしまう傾向にあります。
物を収納するスペースを確保して綺麗に見えるインテリアコーディネイトを考えてください。
毎日の生活やゲストの往来を考えると家の中ではもっとも使われることが多い動線です。
面積は大きくなくても大切なスペースになることは間違いありません。

廊下は人間が通行するのに必要な幅は75cmとしていますがこれでは上手くゆきません。
できるだけゆとりを持たせて開放感を持たせたいです。
デザインや配色で爽やかな広がりを持たせましょう。

住んでいる人達の個性を上手に綺麗に表現して欲しです。
散らからないように置き場を確保して格調高く魅せてください。
ゆとりを感じさせることができればOkです。

子ども部屋

個室というイメージがあるようですが、できるだけ閉じ込める部屋にしないほうがいいです。
リビングルームに隣接しているのが理想です。
それができなくても、それとなく子どもの部屋の気配がわかる場所がいいです。
部屋の壁には窓が必要です。
家具はシステム収納にしておけば成長に合わせて調整できるので便利です。