家具の配置や収納でお部屋を綺麗にする

「ソファとリビングテーブル」

もっとも注意しなければならないのはコレです。
ライフステージやTPOに応じて配置換えできるような臨機応変型が便利です。
配置としてはL字型がリラックスできるし、アームチェアにもこだわりたいですね。

「ダイニングテーブルとイス」

角形よりも円形テーブルの方がスペースが必要ですから注意しましょう。
部屋にゆとりがないならば省スペースタイプの角形テーブルを選ぶことです。
キッチンとの導線もチェックしながら選ぶと失敗しません。

「ベッド」

通路の確保を忘れないようにしなければ搬入できなければ無駄になります。

収納家具を購入すれば部屋が綺麗に片付くなんて思わないことです。

生活スタイルにマッチした家具がどれだけ有効的に機能するかどうかが勝負の分かれ目です。

ものを収納する位置が決まったら片付ける癖がつきます。

出しやすく何があるかわかりやすいかどうかが大切です。

完璧を目指さずにラフに考えないと行き詰まります。

利用頻度と持ち物の把握が大切で、使うものとしまう家具はセットで考えましょう。