家具選びや配置のルール

家具は後悔してはならない大きな買い物ですからルールを知っておきたいです。
新しい住まいの計画もあるでしょうし、ちょっと気分転換に模様替えをするシーンもあります。
インテリアショップに出かける前にルールを確認しておくといいです。

家具の配置の良し悪しによって暮らしやすい部屋かどうかが決まってきます。
部屋の一部になにもないスペースがあると落ち着きます。
家具を壁に対して斜めに置くとインテリアのイメージがグッと個性的になりますから部屋に合わせた配置もシミュレーションしてみましょう。

家具のサイズ

背が低くてシンプルデザインの家具は部屋を広く見せてくれます。
床面をたくさん見せるには家具の量を減らすことです。
こうしたことはゆったりとした部屋の広さをアピールするには有効です。
自分が理想とする部屋のイメージで家具のデザインや大きさが決まります。

家具の色

色でインテリアのイメージは大きく変わります。
使っている色を少なく絞ることによって統一感が生まれます。
広い印象が希望ならば明るく白い色を中心にすることです。

大人のイメージならばブラウンやベージュ系で揃えるといいでしょう。
ちょっとアクセントが欲しければ差し色をプラスすれば引き締まって見えます。