清潔感溢れる快適なキッチンへ

キッチン

部屋の中でもキッチンは特殊な環境にあることを意識しなければなりません。
煙・蒸気・熱・騒音に耐えること。
それらの影響が他の部屋に伝わって邪魔をしないような配慮が必要です。

汚れやすいですからメンテナンスは小まめにしましょう。
短い動線のほうが効率的に動けますし、特に料理や食事の準備でキッチンは動き回ることが多いでうs。
動線が一番短いのは正三角形です。
家電製品は視界に入らないところに置いたほうがスッキリします。

快適なキッチンにするには清潔感と機能性は外せません。
食生活の多様化によって生活習慣に合う快適なキッチンを考えてデザインしましょう。

ダイニングキッチン

食事する場所と作業する場所が同じスペースにあるのがダイニングキッチンの特徴です。
どちらもスムーズにできるように配慮しましょう。
料理のにおいや煙がでますから、下がり壁にしたり完全に仕切らないタイプの仕切りを使うインテリアデザインの手法もあります。
ダイニングとキッチンの間に背の低い圧迫感がない目隠し家具を置くのは常套手段です。

また立って料理をしている人と食卓テーブルにいる人の目の高さが異なるのはコミュニケーションがしずらいです。
カウンターの高さに合わせた食卓も考える必要があります。
調理する場所と食事をする場所が隣接しているのが特徴。
会話をしながら料理ができるような配慮をしてインテリアを考えることが大切です。