視線が通るように家具のポジショニングを考える

スペース

リビングルームのチェアを壁に沿って2列に置いてみましょう。

こうすれば部屋の入口から見た場合に空きスペースができてスッキリとしたイメージになります。

開放感が強調されることによって広いお部屋ができあがります。

部屋に入ったときの第一印象を決める場合には広く感じさせたいはず。

大切なことは部屋の何処かにスペースを作っておいて視線を通すようにすることです。

そのためには部屋を狭く見せてしまう大きな調度品や家具を置きすぎないようにすればいいです。

ソファは存在感がある

意識的に大きめのソファを選択すれば、ゆとりのある部屋が演出できます。

窮屈感がある3人掛けのソファよりもゆとりがある二人掛けの方がお薦めです。

センターテーブルやサイドテーブルとのバランスも取れるのです。

ソファの活用方法

リビングダイニングが一続きになっているタイプではソファをダイニングに向けて背を向けるように配置してみましょう。
部屋に仕切りの役割をしてくれます。

これによって独立したリビングスペースができます。