賢い収納と照明の使い分け

賢い収納のインテリア

収納には「見せる収納」「隠す収納」があります。

「見せる収納」

魅せるインテリアにするならば思い切り奇抜にすることです。
大胆すぎるほどのインテリアを選ぶと楽しいです。
書籍やCDなどは箱形を自由に組み替えることができるタイプがいいでしょう。

「隠す収納」

シンプル・イズ・ベスト。
仕事道具や服などは表にでないほうがいいです。
見えない場所に置いておきましょう。
部屋のスペースを区切るサイドボードはお洒落なインテリアの代表格です。
豊富なカラーリングがあるのでお好みのものを選んでみてはどうでしょうか?

賢い照明のインテリア

「フロアライト」

雰囲気重視で選ぶといいでしょう。
照明の置き方ひとつで表情がでてきて雰囲気がでてきます。

「シェード」

計算されたバランスで組み合わせが効くので便利。

「ペンダント」

アクセントとして利用するといいでしょう。
お部屋のセンターに吊り下げるタイプや、リビングルームに使うシャンデリアまで多彩です。
サイズも色も豊富なナインナップあります。

「デスクライト」

オブジェにもなります。
ベッドサイドにおいてもいいです。
テーブルランプを使って雰囲気を出す方法もあります。

照明の種類

・フロアライト
・ペンダント
・デスクライト
・テーブルランプ

オブジェとして配置すると照明そのものがアートになります。