センターテーブルやチェア

ガラスのセンターテーブ
意外とスペースをとっていしまうのですがセンターテーブルは欲しいですね。
そんな場合はガラスの天板のセンターテーブルはどうでしょうか?
狭苦しさが一挙に軽減します。

ですが透明ですから下側に置くものには注意が必要です。
観葉植物などを配置するとお洒落な雰囲気を演出できます。
センターテーブルをなくす選択肢
スペースがないならばセンターテーブルをなくす方法もあります。
そのセンターテーブルの代わりにサイドテーブルを使うのです。
ソファ前の窮屈感も緩和されます。

広々としたスペースができるので考えて見る価値はあるでしょう。
キャスター付きのサイドテーブルやコンパクトになるネストテーブルは必要なときに移動できるから重宝します。
チェアを拘る
チェアは材質によっていろいろな表情を見せてくれるインテリアです。
例えば木製のチェア。
木の温もり感と温かさ感じられます。
しっかりとした座り心地がいいですね。

布や革製のチェア。
包み込むような柔らかさがあります。
布張りは長時間座るには楽です。

家具選びや配置のルール

家具は後悔してはならない大きな買い物ですからルールを知っておきたいです。
新しい住まいの計画もあるでしょうし、ちょっと気分転換に模様替えをするシーンもあります。
インテリアショップに出かける前にルールを確認しておくといいです。

家具の配置の良し悪しによって暮らしやすい部屋かどうかが決まってきます。
部屋の一部になにもないスペースがあると落ち着きます。
家具を壁に対して斜めに置くとインテリアのイメージがグッと個性的になりますから部屋に合わせた配置もシミュレーションしてみましょう。

家具のサイズ

背が低くてシンプルデザインの家具は部屋を広く見せてくれます。
床面をたくさん見せるには家具の量を減らすことです。
こうしたことはゆったりとした部屋の広さをアピールするには有効です。
自分が理想とする部屋のイメージで家具のデザインや大きさが決まります。

家具の色

色でインテリアのイメージは大きく変わります。
使っている色を少なく絞ることによって統一感が生まれます。
広い印象が希望ならば明るく白い色を中心にすることです。

大人のイメージならばブラウンやベージュ系で揃えるといいでしょう。
ちょっとアクセントが欲しければ差し色をプラスすれば引き締まって見えます。

家具を選ぶ前に知っておきたいこと

家具を選ぶ前に知っておきたいことや考えなければならないことは「見栄えだけではない」ということです。

・部屋の大きさ
・置くスペース
・ライフスタイル
・部屋の雰囲気との相性

実際に配置して生活していくシーンをイメージしましょう。
そうしないと購入した後で後悔することになってしまいます。
家具を購入する際に考えておきたいポイント

「家族のライフスタイルを考える」

どんな環境で生活したいかを考えて選びましょう。

「部屋ごとにイメージをまとめる」

統一感がもっとも大切ですから、エリア区分するとスッキリと考えがまとまります。
雑誌の切り抜きのようなものでも良いと感じたものを集めておきましょう。

「サイジングに注意」

一番失敗が多いのがコレ。
間取りと部屋の採寸をきちっとしておきましょう。
配線や扉のチェックも大事。

「欲しい家具の情報収集」

インターネットでも情報が得られるので活用しましょう。
とりあえず家具を見てから……ではなくて事前の準備が必要で、そうすればイメージが見えてきて失敗しません。
基礎知識
「ソファに注意」

リラックスできる家具の一番がソファでしょうが、これが「とりあえず」で購入して一番失敗するものです。
自分のライフスタイルにソファでゆっくりすごす時間があるかをみてください。
そして搬入経路のチェックしないと購入しても入らなければ無意味。

これ以外には……。

リビングテーブルはソファと同一の高さにするとか、天板のデザインはお子さまがいる家庭では怪我をしないように配慮する必要があります。

ベッドもライフスタイルにあっているかどうかで選び、実際に寝てみて寝心地を確認しましょう。

照明の方法と形式の知識

「直接照明」

光源から光が直にくるもの。
方向性のある強い光が特徴的です。
シェードによって明暗がクッキリします。
スポット的に使われることが多いです。
光を柔らかくするならば反直接照明のほうが良いです。

「間接照明」

光を直接、壁や天井に照射する方法です。
反射によって明るさを作る特徴があります。

初心者にお薦めの収納家具

家具の中で一番選びやすいのは置き家具です。
選びやすい反面、無駄なスペースがでてしまうデメリットがあります。
初心者ならばトータルに揃えられるシリーズ家具がいいでしょう。

システム収納

もっとも融通が効きやすいです。
必要に応じてパーツの増減ができるからです。
子どもができたり老後になったりとライフステージでの変化も対応しやすいです。

オーダー家具

自由度も何度も高いです。
大きな買い物になります。
信頼できるプロに相談しながら慎重に選ぶといいでしょう。
部屋別の収納家具を選ぶ場合の注意・ポイント
「玄関」

もっとも収納が多いのが玄関の靴でしょう。
家族全員分の靴をはじめ傘など小物類がたくさんあります。
そんな大家族の場合は大型収納がベストチョイスです。
フレキシブルなシステム収納を選ぶでき。
「リビングルーム」

家族が集まる部屋ですから共有性を最優先に考えた収納です。
来客もありますから整理整頓したイメージをキープしたいです。
「ダイニングルーム」

食事に使うものをしまえる場所を選んで、細かいスペースを利用した家具を選ぶと片づきやすいです。

家具の配置や収納でお部屋を綺麗にする

「ソファとリビングテーブル」

もっとも注意しなければならないのはコレです。
ライフステージやTPOに応じて配置換えできるような臨機応変型が便利です。
配置としてはL字型がリラックスできるし、アームチェアにもこだわりたいですね。

「ダイニングテーブルとイス」

角形よりも円形テーブルの方がスペースが必要ですから注意しましょう。
部屋にゆとりがないならば省スペースタイプの角形テーブルを選ぶことです。
キッチンとの導線もチェックしながら選ぶと失敗しません。

「ベッド」

通路の確保を忘れないようにしなければ搬入できなければ無駄になります。

収納家具を購入すれば部屋が綺麗に片付くなんて思わないことです。

生活スタイルにマッチした家具がどれだけ有効的に機能するかどうかが勝負の分かれ目です。

ものを収納する位置が決まったら片付ける癖がつきます。

出しやすく何があるかわかりやすいかどうかが大切です。

完璧を目指さずにラフに考えないと行き詰まります。

利用頻度と持ち物の把握が大切で、使うものとしまう家具はセットで考えましょう。

インテリアの配色によってイメージが変わる

インテリアの配色の基本

インテリアの色の特徴は「別な色と隣接していること」です。
天井・壁・床――さまざまなファクターで構成されています。
単色ではなくて別な色と一緒になっているので、多くのカラーリングを考えているならばトーンを揃えることです。

例えば青系統に揃えたい場合。
同じ青を意識して使うと統一感ができて落ち着いた感じになります。
これ以外にも類似色・相配色によるカラーコーディネイトもお薦めですがセンスが必要です。
メリハリをつけたインテリアデザインにするならばトーンに変化を付けると派手だちます。

「配色」

色白の組み合わせのこと。
基本パターンは4種類です。
同じ色目の濃淡でデザインすることもあります。
色相環で隣接する程度の似た傾向の色白でまとめるのがインテリアの場合は無難です。
反対色もありますが、使い方に注意しないと落ち着かない部屋になってしまいます。

色の効果

「色による温度の感覚」

暖色でまとめると温もり感があります。
リラックスできます。
濃い色が多いと暑苦しく感じます。
また寒色が多いと寒く感じます。

「部屋の広さ」

カラーリングによっては狭く見えたり広く見えたりします。
こどもがいる場所は明るい色を使うといいでしょう。
ベッドルームは寛ぎ感のある配色をこころがけましょう。

色の心理作用

寒色と暖色では体感温度が3度違うと言われます。
暖色はオレンジや赤系。
寒色はブルー系です。